クライトンシステムとも言える 4-2-3-1 を基本布陣として、今シーズンこれまで戦って来たコンサドーレ札幌。しかし、その核となるクライトンは、アキレス腱痛の悪化で残念ながらチームを離れることとなってしまいました。緊急事態ではありますが、フロントがこの事態を黙って見過ごすはずもなく、即座にDF石川と、MFハファエルの加入を発表し、クライトンの離脱による影響を最小限に留めようという意識を見せています。


クライトンほどの実力、実績のある選手を札幌が早々獲得出来るわけではないので、シーズン途中の加入と言う事もあるし、ハファエルに関しては博打の要素も含んでいるでしょう。まあ外国人選手は実績が無くてもダヴィのように順応すれば国内、しかもJ2ではかなり力になってくれるので、どうしても期待度は高まってしまいますが。あまり期待しすぎないように、実際のプレーを見て判断しよう。

ハファエルの合流はまだですが、石川については早速合流して練習に参加。控え組の左SBに入って、今のところは調整しているようです。紅白戦では4-2-3-1ではなく、大伍をFWの位置に上げた4-4-2で試しているようですね。ボランチには宮澤。そして調子の良い謙伍は左SMFで。岡本はサテライト戦で負傷し、別メニューのようです。SBの加入で、

ようやく前線での起用が増えてきそうな大伍。 4-4-2 とのことですが、FWが横ではなく縦の並びであれば、今までとそう変わらないで済みますね。起点となる位置がボランチの宮澤、ダニルソン、もしくは左SBで出場するだろう上里からとなり、少し下がるので、ロングボールが増えそうではありますが。

大伍についてはようやく前でやれるということで、宮澤とも謙伍ともポジションチェンジを行いながら、高い連動性で仕掛けていって欲しいですね。クライトンが抜けたことで出来る中央のスペースを有効活用出来れば、面白い展開が増えてきそうです。足下で貰いたがる癖を少しずつ矯正していかねばなりませんが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で