2011シーズン限りでコンサドーレ札幌との契約を満了したDF西村卓朗が現役を引退し、浦和レッズのサッカースクールコーチに就任することが発表されました。


西村は2011シーズン、練習生としてコンサドーレの練習に参加。そこから契約に至りました。リーグ戦の試合出場は開幕戦の1試合にとどまりましたが、経験の浅い、若い選手の多い札幌のよきアドバイザーとして、チームのこと、選手のことを考えて助言をしてくれていたようです。

リーグ戦の終盤数試合で、それまで迷いの多かった古田が積極性を取り戻したのも、西村のアドバイスの影響が少なくなかったんじゃないか。そんな風に感じます。というのも、西村がサッカー批評に連載を持っていて、それを読むからこそなんですけど。

1年の在籍とはいえ連載を通して見えてくる面もあり、端から見る以上の感情移入をしてしまっているのかもしれませんが。それにしても2011シーズンの奇跡的なまとまりに欠かせない選手だったのだなあと感じます。手放してはいけない選手だったのではないか。なんて風にも感じたり。

引退は残念だけど本人が決めた選択。お疲れ様でした。本人のブログでも、引退に関しての記事がアップされています。

西村のコンサドーレ公式サイトでのコメント
『引退を決意しました。サッカーを「もっともっと上手くなりたい」「まだまだ続けたい」と、強く思い行動する、そのようにしてこれまで選手を続けてきました。簡単な決断ではありませんでしたが、知力、気力、体力、全て出し切ることができたと思い、今は納得しています。10歳から始めたサッカー選手を、こんなにも長く続けられた事を幸せに思います。現役時代には本当に多くの方に励まされ、助けられ、支えられてここまでやってこられました。長い間、本当にありがとうございました。選手時代に大切にしていた“情熱”と、多くの方に教えていただいた“優しさ”を忘れずに、この先も頑張っていきます。札幌では、1年という短い時間でしたが、選手、スタッフ、フロントの方、そしてサポーターの方々に、本当にお世話になりました。これからも、皆でサッカー界を盛り上げ、日本を元気にしていきましよう!本当にありがとうございました。』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で