コンサドーレ札幌は10日、2011シーズンにFC東京へ期限付き移籍していたMF上里一将の徳島ヴォルティスへの期限付き移籍を発表しました。移籍期間は2012年2月1日から2013年1月31日まで。


FC東京へ移籍した2011シーズンは、スタメン出場2試合を含む17試合に出場、1得点でした。スタメンを奪取することは叶わず、20分以上出場した試合も、スタメンの2試合と、コンサとの最終節の計3試合に終わっています。

2012シーズンは東京・札幌共にJ1で迎えますが、上里はJ2に残留し、徳島のJ1昇格に向けて尽力することになりました。

一発で局面を打開できるあの左足のキックは錆びてはいないだろうから、新たに就任する小林伸二監督の下でチームの勝利に貢献すると共に、サッカー選手としても成長してくれるといいなと思います。コバさんならきっと覚醒させてくれるっ。

上里はコンサドーレ公式サイトで

『このたび、徳島ヴォルティスに期限付移籍することになりました。コンサドーレ札幌、FC東京で培った力を発揮し、徳島のJ1昇格に貢献できるよう頑張りますので、応援してください。』

とコメントしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で