コンサドーレ札幌は5日、清水エスパルスからMF山本真希が完全移籍で加入したことを発表しました。山本は静岡県出身で、ジュニアユース時代から清水に在籍してきた生え抜き選手。清水に在籍した7シーズンで、J1リーグ通算74試合5得点を記録。


山本はボランチやトップ下でのプレーを得意とする選手で、昨年の清水、ゴドビ監督下ではサイドバックも経験しているんですね。札幌の三上強化部長は「考えていた最上位の選手を獲得できた。僕の中で一番のポイントの選手」と高い評価。4-2-3-1の布陣なら3の真ん中を想定しているみたいですね。

札幌には清水時代の同僚である高木純平がおり、前俊&高柳の広島コンビと共に面白くしてくれそうです。ちなみに名前の読みは「まさき」です。僕も軽く間違えておりました。すいません。

山本はコンサドーレ公式サイトで、

『このたび、コンサドーレ札幌に加入することになりました山本真希です。自分の特長を最大限に生かして、コンサドーレの勝利に貢献し、1日も早くサポーターのみなさんの信頼を得たいと思いますので、応援よろしくお願いします。』

とコメントしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で