コンサドーレ札幌およびセレッソ大阪は27日、DF山下達也のの完全移籍を発表しました。山下は今季セレッソ大阪から札幌へ完全移籍し、身体能力の高さを生かした守備で37試合に出場。コンサドーレのJ1昇格に大きく貢献してくれました。


セレッソ時代は出場機会に恵まれず、札幌が昇格争いをする中で大きく伸びた選手の1人。開幕戦こそアレな出来でしたが、その後はスピードもあり空中戦にも強い本来の力を見せ、欠かせない存在となりました。向こう2~3年はセンターバックの中心として安泰だなと思っていたらこれですよ。

27日付の道新によると、クラブ関係者は「(札幌として)最大限の評価をしたが、引き留めるのは難しい」と話したそうです。そして午後に両チームから発表がありました。

山下はコンサドーレ公式サイトで、古巣からの不意のオファーに驚いた様子ながら「ただ、僕にとってセレッソは特別なのです」と深いセレッソ愛と移籍を決意した理由を語っています。

まさか完全移籍で加入したのに、その1年後にまた古巣へ復帰するレンタルみたいな形になるとは思わなかったし(とはいえ移籍金は入るようですけど)、移籍関連ネタ一発目がこれかと驚いた発表でした。でも郷土愛を言われてしまうと、札幌もそこを意識したクラブ作りをしているだけに、それ以上は踏み込めないですね。札幌にとっての山下への最大限の評価がどの程度なのかは気になるところだけれど。

在籍は1年だったし去り方はともかく、J1昇格は山下の力無しでは成し遂げられなかっただろうし感謝はしています。セレッソに戻っても頑張って。じゃあ、さようなら。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で