15日付のニッカンが報じたところによると、コンサドーレ札幌は今季限りでジュビロ磐田との契約が切れるベテランDF古賀正紘の獲得に動いているそうです。


コンサは今年一応の堅守を見せましたが、DFラインには若手が多く、センターバックの中心だった山下も年間を通して戦ったのは今シーズンが初。実績のあるベテランが加わることで、その経験を若手の手本とし、対J1仕様へと強化したい狙いがあります。

古賀は柏時代、石崎監督の下でプレーしているのも強みで、加入すれば馴染むまでも早そう。フィジカル重視で警告も多い印象だけど最近はどうなんだろう。正式オファーはこれからのようだけど、契約に繋がるといいね。守備強化と共にイケメン度も上がります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で