コンサドーレ札幌は10月16日のサガン鳥栖戦で販売した『ホスン家のキムチ』を、11月12日開催の大分トリニータ戦でも販売すると発表しました。価格は500円で、販売予定数は800個。


韓国出身のキーパーのイ・ホスンが監修し、札幌第一ホテルが手がけた『ホスン家のキムチ』。再販するくらいですからかなり人気だったんでしょうね。

市販のキムチは、メーカーによってかなり当たり外れがあるというか、味付けに差があって、好き嫌いが分かれるところなので、ホスン家のキムチは好評のようで良かったですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で