2011J2第27節。水戸ホーリーホックを逆転勝利で退けたコンサドーレ札幌は、ホームに戻り、栃木SCと対戦しました。薄氷の勝利を続けていつの間に上位の背中が見えてきた札幌、ここで勝利すると、石崎監督3年目にしてで初の昇格圏入りとなります。

今年調子のいい厚別での試合ということもあり、絶対に勝ちたい試合。まあ勝ちたくない試合なんてそうそうないですけどね。


スタメンはホスンが戻ってきました。水戸戦ではぎーさんも悪くないプレーを見せてくれましたが、ここまで堅守を支えてきたホスンへの信頼の方が上ということなんでしょうね。その他、しゅんぴーが復帰し日高が控えに回っています。

試合は序盤から札幌がアグレッシブに出て行く展開。というか、序盤の数十分しか持たないので、最初にガンガン行くしかないんだっ。右サイドの方に定着した近藤が、いつものように栃木DFをはじき飛ばしながらドリブルから仕掛けてファーストシュートを放っていくなどすると、早くも5分に試合が動きます。

左サイドで得たFK。蹴るのはしゅんぴー。DFとGKの間に狙い通り飛んだボールに飛び込んでいったのはジオゴ!上手く頭で合わせて札幌が先制。2試合連続でジオゴカラスがまた舞った。舞ったよ!

そのあともジオゴがゴール前でキープしてDFを引きつけ、反転して、外から入ってきたフリーの近藤へ。しかしこれは決まらず。ジオゴは落ち着いてた。近藤はこういうのをしっかりと決めてほしい。

後半に入るといつものように押し込まれてしまいますが、これまたいつものように皆で引いて危ないときには体を張って、なんとかやりすごします。ロスタイムにはホスンの弾いたボールがポストに当たって跳ね返ってきたところを押し込まれそうになりますが、純平がなんとかかき出しました。そのボールをクリアすべくワッと集まる札幌の選手達。この高い守備意識。

そして試合終了。2位に浮上!水曜の試合で鳥栖が勝ったため暫定3位に後退してしまいましたが、石崎監督下で初めて昇格圏へ浮上しました。毎試合が薄氷の勝利といったかんじだけど、1つ1つ勝ち点を積み上げてここまで来ました。公式でも直接対決第1ラウンドと書いてありますが、気を引き締めてまた1戦1戦戦っていきましょう。

昇格請負人は伊達じゃなかったですね。山下のブログにもありましたが、本当岡山が来てからチームがまとまっている雰囲気があります。メンタルのタフな選手が増えたことも、ギリギリで粘れる要因じゃないかなと。

この日はシニア向けの優待があり、その効果+好調なおかげか今年は5000人台がやっとだった厚別で久しぶりの1万人越え。この1万人の声も、きっと選手を後押ししたことでしょうね。

日時:2011年09月11日13:04キックオフ 会場: 札幌厚別公園競技場
入場者数: 10,110人 天候: 曇、中風、気温20.0℃、湿度40%
コンサドーレ札幌 1 – 0 栃木SC
得点
 ジオゴ 5分
スターティングメンバー
イ・ホスン 16 GK GK  21  武田 博行
日高 拓磨 2 DF DF  19  赤井 秀行
山下 達也 23 DF DF  23  渡部 博文67′
櫛引 一紀 4 DF DF  3  大久保 裕樹
岩沼 俊介 6 DF DF  24  那須川 将大
河合 竜二 18 MF MF  14  水沼 宏太
宮澤 裕樹 10 MF MF  2  西澤 代志也
79′近藤 祐介 15 MF MF  25  小野寺 達也46′
62′内村 圭宏 7 MF MF  10  高木 和正
砂川 誠 32 MF FW  9 リカルド・ロボ
93′ジオゴ 22 FW FW  18 チェ・クンシク34′62′
控え選手
 高木 貴弘  1 GK GK 1 柴崎 邦博
 岡山 一成  34 DF DF 4 大和田 真史67′
 日高拓磨  2 DF DF 6 入江 利和
 荒野拓馬  27 MF DF 26 宇佐美 宏和
 79′古田寛幸  15 MF MF 11 河原 和寿46′
 62′岡本賢明  17 MF MF 15 鴨志田 誉
 93′上原慎也  26 FW FW 8 廣瀬 浩二62′
監督
石崎 信弘  松田 浩
主審
河合 英治
副審
村上 孝治 / 田中 利幸

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で