8月11日にコンサドーレ札幌に加入し、その後すぐに怪我で離脱し登録が遅れていたレモス。無限の可能性を持つとされながら、なかなか選手登録が発表されずにいました。しかし9月9日に出たJリーグのリリースで、ようやく選手登録追加が完了したことが明らかになりました。やっとくるか!


レモスは100m10秒台というスピードが売りのアタッカー。サイドだけではなく中央でもプレー可能な選手です。

札幌は4-2-3-1を採用しているので、1トップのジオゴの後ろは攻撃的な3人が並びます。このチームでは一番選手が豊富に揃っているポジション。のはずでした。

選手数は足りているものの、岡本や古田、三上といった若手選手は怪我や不振で結果を残せずにおり、純平もDF不足から今年は基本的にサイドバックでの起用。スタミナに難があるのを分かっていながらも、近藤やベテランの砂川を長時間起用せざるを得ない状況になっています。

砂さんはこの年になってもまだ成長を見せてくれており、再契約出来て本当に良かったなと思うわけですが、それでもコンディションを落としているように見える試合も少なくありません。近藤もしかり。

ここでレモスがチームへ早く馴染んでその無限の可能性を見せてくれるならば、彼らも余裕を持って起用できるし、いいコンディションで試合に臨めるようになります。

10月にはアウェー3連戦もあります。レモスや、あるいは若手選手達でももちろんいいんですけど、先輩達を安心させられるようなプレーを見せてくれると、昇格戦線にも踏みとどまれるのかなと思いますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で