コンサドーレ札幌のGKイ・ホスンが、シュート練習中に負傷。右手首骨挫傷で全治2~3週間と診断されました。ここまでリーグ戦22試合中21試合に出場し、堅守を支えている1人を欠いて3日の水戸ホーリーホック戦に臨むことになります。


佐川トレーナー曰く「シュートの衝撃で痛めた」とのこと。そんな破壊力を持つシュートを公式戦でもゴールへ結びつけてほしいところだなと思ったりしますが、それよりもホスンの一日も早い回復をお祈りします。

そして、ホスンの代役として再び抜擢されるのは、ぎーさんです。開幕前に負傷してホスンに守護神の座を譲り、そのホスンの怪我によってのみ出場機会を得ているという、キーパーのポジション争いの厳しさを感じます。報知によれば試合前にカツゲンを飲み干すのが前回昇格時の験担ぎだったそうだけど、試合中にトイレ行きたくなったりしないんだろうか。

何の因果か前回の出場も水戸戦だったぎーさん。8月未勝利と調子を落としている水戸が相手ですが、まずはしっかりと守備を落ち着かせ、勝ち点3を得て帰札したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で