2011J2第24節。代替スケジュールの関係で、1週試合が無かったコンサドーレ札幌。今節はアウェーでカターレ富山と対戦です。前回対戦時は押し込みながら得点出来ずにスコアレスドローに終わったカード。今回はしっかりと勝利して2連勝を飾り、次の千葉戦へと繋げていきたい試合でした。


内村が出場停止となったため、新加入のFWジオゴがいきなりスタメンに入った札幌。芳賀も復帰してベンチ入り。富山のシステム対策のためか4-1-4-1の布陣で試合へ臨みました。しかし、富山がこれまでの3-3-3-1とは異なる3-4-2-1で来たためにこれがはまらず苦戦します。不安定ながら堅さを見せてきた守備陣ですが、この日は頭からそわそわ。人にもボールにも行けず、こぼれ球を追いかけていたら富山に先制点を献上。あああ。その後も布陣のミスマッチなのか面白いように抜かれていき、苦しい展開。

ただ、ジオゴが前評判通りポストの出来る選手ということで、そこから押し上げが利きます。タイプは違うけど、クライトンのような任せちゃっていい安定感がありますね。ジオゴの場合あくまでポストプレイヤーで、自分で持ち込んではくれないですけど。

彼を起点にして時間を作れるので前の人数も増えてきて、オウンさんもやってきて札幌に得点をもたらしてくれましたよ。ジオゴに預けて、後ろに戻して、サイドに展開して、クロスを上げてという一連の流れからここでオウン選手!札幌同点。しかし流れをたぐり寄せるまでには至らず。

一向に札幌の流れにならないまま時間は過ぎ、雨も強くなったり弱まったりしながら迎えた後半、数少ないチャンスを逃してしまう札幌と、数多くのチャンスを作りながら精度を欠いている富山という均衡は崩れず。しかし芳賀さん復活で宮澤が前へとなり試合が動きました。

終了間際、札幌のゴールキックから右サイドでボールを繋ぎ、ジオゴがキープしてタイミングを見計らって日高へスルーパス。日高はそのボールをダイレクトでクロスを上げると、宮澤が鼻を犠牲にしながら魂のダイビングヘッドを叩き込み、逆転!勝ち越し!後はこのリードを守りきって、見事に2連勝を決めました。

綺麗な試合運びではないけれど、途中出場の選手がいい働きを見せてくれているのはチームの状態が上がってきている証なのかな。采配も決まってましたね。試合前のリサーチは外れたみたいですけど。最近は得点されても動じずに、追いつく、あるいは勝ち越せる力がついてきているのがいいところ。

日時:2011年08月14日18:04キックオフ 会場: 富山県総合運動公園陸上競技場
入場者数: 3,939人 天候: 晴時々雨、弱風、気温25.9℃、湿度94%
 カターレ富山 1 – 2 コンサドーレ札幌
得点
黒部 光昭 10分
19分 オウンゴール
89分 宮澤 裕樹
スターティングメンバー
 飯田 健巳  21  GK GK 16 イ・ホスン
 足助 翔  2  DF DF 2 日高 拓磨
 江添 建次郎  4  DF DF 23 山下 達也
 吉川 健太  27  DF DF 4 河合 竜二
 平出 涼  15  MF DF 6 岩沼 俊介
 舩津 徹也  5  MF MF 10 宮澤 裕樹81′
78′西野 誠  6  MF MF 32 近藤 祐介66′
 大西 容平  8  MF MF 8 砂川 誠78′
 朝日 大輔  7  MF MF 7 高木 純平
58′木本 敬介  17  MF MF 15 古田 寛幸53′
66′黒部 光昭  9  FW FW 11 ジオゴ
控え選手
 金井 大樹  41 GK GK 1 高木 貴弘
 松原 優吉  24  DF DF 34 岡山 一成
 酒井 貴政  26  MF MF 18 芳賀 博信78′
58′ソ・ヨンドク  14  MF MF 17 岡本 賢明53′
78′平野 甲斐  13  FW FW 22 三上 陽輔
66′苔口 卓也  10  FW FW 24 横野 純貴66′
 永冨 裕也  11  FW FW 26 上原 慎也
監督
安間 貴義 石崎 信弘
主審
今村 亮一
副審
小椋 剛 / 森本 洋司

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で