7月22日より開催されている、adidas CUP 2011 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の準々決勝が27日に行われました。一次ラウンドFグループを首位で通過したコンサドーレ札幌U-18は、無失点でBグループを首位通過した名古屋グランパスU18と対戦。しかし1-2で敗れ大会をベスト8で終えました。2点先制されながら後半に1点を返したものの、同点逆転ゴールは生まれず、残念。


ベスト4には名古屋の他、東京ヴェルディユース、柏レイソルU-18、ヴィッセル神戸U-18が残り、準決勝は29日に、決勝戦は31日に行われます。先着3,000名には「ガリガリ君」が配られるそうですよ。

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 戦績

一次ラウンド

コンサドーレ札幌U-18 2△2 アルビレックス新潟ユース
コンサドーレ札幌U-18 1○0 FC東京U-18
コンサドーレ札幌U-18 3○2 愛媛FCユース

準々決勝

コンサドーレ札幌U-18 1●2 名古屋グランパスU-18

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で