7月3日より開催されていた、道内のクラブユースチームが集う第17回北海道クラブユースサッカー選手権(U-15)大会の決勝戦が24日に行われ、コンサドーレ札幌U-15がSSSジュニアユースを1対0で破り優勝しました。コンサドーレ札幌U-15の優勝は昨年に引き続き、2連覇を達成。


優勝した札幌U-15とSSSは、adidas cup 2011第26回日本クラブユースサッカー選手権大会(U-15)への出場権を獲得しました。3位のスプレッドイーグル函館は、8月に開催される日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 デベロップカップ2011へ出場します。

SSSは昔から強いチームで、今でもやっぱり強豪なんですね。札幌関連では藤田征也(新潟)や山瀬兄(川崎)が出身だったりしますね。他にも山瀬弟(鳥栖)や下村東美(山形)など。

U-15の北海道大会成績は以下の通りとなっています。
札幌U-15 6○0 FC DENOVA
札幌U-15 3○0 プログレッソ十勝FC U-15
札幌U-15 1○0 アンフィニMAKI.FC U-15
札幌U-15 1○0 SSSジュニアユース

無失点で大会優勝・・・!

なお、コンサドーレ札幌もう1つのユースチームであるコンサドーレ旭川U-15は、初戦で延長戦の末、アンフィニMAKI.FC U-15に3対1で敗れ、大会を去っています。くーっ、残念。旭川も頑張れ-。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で