ナツコンを明日に控え、チケット販売も好調に推移しているらしいコンサドーレ札幌。しかし試合に関してはここ5戦未勝利(3分2敗)と、不調に喘いでいます。石崎監督は紅白戦前のミーティングで、「結果が出ていないのは自分の責任だ」と、異例の謝罪。試合後のインタビューでも、交代策に関して追究されると「自分に勇気が無かった」なんて言ってしまう石崎監督。結構ぶっちゃけるタイプなんだろうか。

勿論、監督の硬直した采配にも責任の一端はあるでしょうし、最終的に責任を負うのは監督。ですが、数多くのチャンスを作りながら決めきれなかったり、終盤に間延びしてあっさり失点してしまう選手達にも責任はあります。監督のコメントの後、選手達で話し合い意見を言い合ったそうですが、すぐに萎縮してしまうコンサドーレの悪しき伝統を、今後払拭していけるだろうか。もっと勝利に対して貪欲にがむしゃらに、スローガンを思い出そう。

まずは明日の水戸戦です。いつもより多い観衆を前に、物怖じせずにどうどうと戦って欲しい。後押しとなるサポーターの声も、いつもより大きいだろうし、結果を出せれば調子も上向きになれる。試合後に美味しいビールを飲ませてちょうだいよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で