コンサドーレ札幌は12日、北海道三笠市と「スポーツ環境充実事業相互連携協力協定」を締結したことを発表しました。


これはスポーツ環境充実事業の一層の発展を図るためのもので、三笠市で活動しているサッカークラブ「三笠フットボールクラブ」を対象として、2011年7月から2012年3月まで、月2回のペースでコンサドーレ札幌から指導者を派遣しトレーニングが実施されます。

またこの期間内において、コンサドーレ札幌トップチームの選手たちが参加する市民対象のイベントも、三笠市内で1度実施される予定となっています。

指導者は曽田雄志さん(コンサドーレ札幌アドバイザリースタッフ)、佐々木滋さん(コンサドーレ札幌ジュニアサッカースクールコーチ)。

三笠市といえば、鉄道村やメロンだったかなーなんて思い浮かぶわけですが、その三笠市とこうしてサッカーで結びつくとは。そして俳優の小日向文世さんも三笠市出身なんですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で