3得点でFC岐阜を下したコンサドーレ札幌。今季最多の3得点をあげたとはいえ試合内容は決して満足のいくものではなく、ニッカンによると石崎監督はスタメンを2種選手も含めてゼロから考え直していくようです。


ピッチコンディションやチームの調子を考慮して戦える砂川や河合といったベテラン、チームに慣れて個人能力の高さを見せている山下や守備を支えるホスン、好調な近藤や宮澤はまず入ってくるだろうとして、他のポジションは流動的になりそう。次節は純平が出場停止なので、いじるにしても限られてくるのではと思いますが、選考に2種登録の選手達も入って来るとなると、俄然し烈になってきますかね。

FWも純貴と三上、そして内村はそれぞれタイプが違いますが、誰が起用されるかというよりも、その後ろが1トップをいかにフォローしていけるかが大事ですね。なるべく長い時間を、いい距離感で攻守に戦いたい。

選手の起用方法だけではなく、バイタルぽっかり守備やフォローのない1トップといった戦術に手を加えたりは考えないのかなー?なんて思ったりしますけども、見込みは薄いんでしょうね。3年目だものね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で