4日に行われた大分トリニータ戦で負傷交代したコンサドーレ札幌の芳賀が、左足底腱膜部分断裂で全治4週間と診断されました。


日に日に芳賀への負担が大きくなっていて、別メニューも増えていたので、なるべくしてなってしまった負傷というか。まあ、それでも何ヶ月もかかるような重傷にならずに済んだのはポジティブに見ていいのかな。しっかり休んで回復に充ててもらいたいところ。

さて、芳賀のいない間はボランチのポジションがぽっかり空いてしまいますね。宮澤、しゅんぴー、JP、ブルーノとボランチ候補は多数いるけれど、芳賀がこなしていた守備タスクを任せきるにはちょっと荷が重い。

今はFW登録になってしまいましたが、大田戦でCBとして出場したチアゴが本来のポジションで出られる目処が付くのなら、河合を1列上げてというのもありそうですけど。いずれにしても芳賀が欠場している間は、より守備意識を高めていかなくてはなりませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で