大分との試合後、「第5回 It’s Daejeon 国際サッカー大会」に参加するため、韓国へと向かったコンサドーレ札幌、とユースたち。クラブとして初の海外遠征試合となる国際親善試合、大田シチズン戦に臨みました。


約3万7千人が集まった試合は、札幌の上原と純貴が得点を決める活躍。後半は殆どがユースっ子の出場ということになりましたが、招待試合にもかかわらず2-1で勝利!トップは大観衆の前だと結果を出せなかったりしますが、公式戦と親善試合とでは違うんでしょうね。

控え組は出場機会が限られているので、いい実戦経験になったんじゃないでしょうか。

得点を決めた上原は現在SBに挑戦中。純貴もMFでの出場だったようだけど、レギュラーを脅かし、追い越すくらいの存在になってもらいたいものです。

試合には元コンサドーレ札幌所属のソンファンも観戦に訪れていたみたいですね。

コンサドーレ札幌 2 – 1 大田シチズン(2-1/0-0)
得点者:上原、横野

GK:高木(→曵地)
DF:※小山内、チアゴ(→西村)、※永井、上原(→※神田)
MF:ブルーノ(→※鈴木)、※前、横野、岡本(→※堀米)、荒野
FW:中山(→※榊)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で