ホームで勝利し、今季2勝目をあげたコンサドーレ札幌。今度こそさあ連勝だと息巻いていたところでしたが、主力数人が負傷で次節出場が微妙となってしまいました。むむっ。


負傷が報じられたのは、日高(左すね痛)、近藤(左太もも裏の肉離れ)、宮澤(右足首捻挫)、岡本(右ひざに違和感)の4名。日高とヤスはようやく合流してきたところで、近藤と宮澤はスタメンで絶賛活躍中。中でも宮澤は、ようやく10番らしい存在感を見せてくれるようになっているだけに、ここで離脱になっちゃうとかなり痛い。

他にも主力ではアンドレジーニョが右ふくらはぎ肉離れ、内村も右アキレスけん付着部炎と報じられた後はしばらくニュースなしと離脱が相次いでいます。芳賀も出場はしているものの、別メニュー調整が多くて心配だ。

純平がいるので1人くらいならなんとかカバーできるとはいえ、一気にばたばたと抜けられると苦しくなってきますね。みんな軽傷で済んでいるといいな。

まあ、今控えに甘んじている選手にとってはアピールする機会でもあるし、それでも足りないって時には二種登録されてるユースっ子たちが控えていて、頼りになりそうではあるんだけど。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で