U-18日本代表が参加しているダラスカップ1次リーグの第3戦目が20日に行われ、グループ首位のFCダラス相手に1-2で敗れました。3試合の結果1勝2敗でグループ3位となり、リーグ突破はなりませんでした。

札幌U-18のFW榊くんはMFとして63分の出場しています。
DF櫛引くんはこの試合出場しませんでした。


開始5分でキーパーの杉山くんが退場となって、おそらくそこで与えたPKから失点。そこから10人での戦いを強いられて、それでも1度は追いついたんですね。11人で90分戦えたら…と思うけれど、残念な結果となってしまいました。

グループリーグ敗退が決まったU-18ですが、この後も2試合、敗戦チーム同士の練習試合が組まれています(22日vsクリチーバ、23日vsコリンチャンス)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で