9日にグアムでの1次キャンプを終えて帰国したコンサドーレ札幌。5日に行われた柏レイソルとの練習試合中に負傷した日高は10日に札幌市内の病院で精密検査を行い、左足腓骨骨折で全治6~8週間と診断されました。やっぱり折れていたのね。


移籍初年度のキャンプで遅れてしまうと本人は焦りや悔しい思いがだろうし、ただ1人の本職右SBを欠くことはチームにとっても痛いけど、気持ちを切り替えてまずはしっかりと治してもらって万全のコンディションで復帰してもらいたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で