コンサドーレ札幌はグアムキャンプ13日目の5日にキャンプ2試合目となる練習試合(vs柏レイソル、45分×2)を行い、2-2で引き分けました。この試合ではスピードのあるショートカウンターが決まるなど、手をつけていないとされる攻撃陣にいい面が見られ、かと思えば得点の1分後にそれぞれ失点するなどコンサドーレらしい守備も見せてくれたみたいです。ただ手応えは大宮戦よりはあるようで、プレスの意思統一ができつつあると。


内村がいつもの腰痛、芳賀は左足底筋膜炎で欠場。ブルーノ、日高、アンドレジーニョが試合中に負傷交代と、怪我人も増えてきました。特に日高は骨折か?なんて話もあって心配ですが、試合中のアクシデントなので仕方のない面もあって。長期離脱になってしまうようなら笠井と西村2人とも獲得する可能性が出てくるのかなあと思ってみたり。

初得点を決めた上原がこの日も2点目に絡む活躍を見せています。サイドで光明を見出せるかな?去年のようにパスを繋いでじっくり崩していく場面も勿論あるだろうけど、スピードのある選手が多い中で、シンプルにゴールを目指す形も増えていくといいね。今年こそ石崎サッカーが見られるのかな。


コンサドーレ札幌 2 – 2 柏レイソル
得点: 42’近藤(札幌)、43’北嶋(柏)、81’純平(札幌)、82’田中(柏)
(1本目)
GK: イ・ホスン(曳地)
DF: 日高、山下、河合、岩沼
MF: ブルーノ(西村)、高木純、上原、アンドレジーニョ、近藤 
FW: 横野

(2本目)
GK: 曳地(高木貴)
DF: 西村、櫛引、チアゴ、笠井
MF: 日高(河合)、岩沼、上原、アンドレジーニョ(山下)、高木純 
FW: 横野

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で