コンサドーレ札幌の2010年の契約満了選手のうち、去就の決まっていなかったMFリ・ハンジェですが、FC岐阜に移籍することが29日発表されました。


ハンジェは2010シーズン、J1のサンフレッチェ広島から札幌に移籍してきて、実績のある選手だし期待も大きかったんだけど、怪我でほぼ1年棒に振ってしまいました。まだリハビリが続いているだろうけど、だいぶ良くなってきているんだろうか。

他の選手が次のチームを見つけていく中でハンジェはこれまで決まらずにいたので、どうなるのかと思ったけど、決まってよかった。札幌では1シーズン限りだし、そのシーズンも不本意なまま終わってしまったけれど、怪我が癒えればまだやれるだろうし気持ちの強い選手でもあるので、岐阜でしっかり活躍してもらいたいですね。

■李漢宰選手のコメント
『このたびFC岐阜に移籍することになりました。昨年はケガの影響で何一つチームに貢献することができず、非常に残念に思いますし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。今年はFC岐阜のチームの一員として、ドームあるいは厚別に行くことになりますが、その時はスタジアムが揺れるぐらいのブーイングをしていただけたらと思います。一年間という短い時間でしたが、たくさんの経験をさせてもらったと思います。今後コンサドーレ札幌がJ1昇格に向け躍進を続けることを祈っています。どうもありがとうございました』

□コメント
このたびコンサドーレ札幌から移籍加入することになりました李漢宰です。まだ、ケガも癒えていない中で契約していただいた今西社長には感謝してもしきれないくらい感謝しています。今はまだ、リハビリ中なのですぐにチーム合流とはいきませんが、近いうちに必ず復帰してチームのために自分のサッカー人生すべてをかけてプレーしたいと思います。宜しくお願いたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で