グアムでトレーニングを続けるコンサドーレ札幌ですが、ニッカンによると負傷離脱したFW三上に加えてMF古田やMF芳賀、FWゴンさんも怪我で調整が遅れているみたいですね。古田は昨年負傷した右膝ではなく右腓骨筋腱を痛め、芳賀は左足底筋膜炎ということで合流は2月前半になる見込み。ゴンさんも体調不良で当初の予定から遅れるみたい。


芳賀は去年も、試合には出場するも普段は別メニューで調整するなどしていたそうで、まあ毎試合あれだけ走り続けてくれているわけで、短いオフでは怪我や疲労を回復しきれないんだろうなあ。後ろの薄い今年も芳賀にかかる負担は大きくなりそうなので、上手く調整してもらいたいものです。15番をもらって今年の顔である古田やゴンさんも、早く回復してもらわないと。

早速主力が離脱しはじめた今年のキャンプですが、新戦力や既存選手も含めてバランスを見ながら新たな適正や組み合わせをみるチャンスでもあるわけで、特にこれまで控えだったりした選手や新戦力加入で出場が危ぶまれる選手にとっては、ここでアピールしてポジション獲るくらいの気持ちを見せてもらいたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で