コンサドーレ札幌から5日、MF上里のFC東京への期限付き移籍が発表されました。期間は2011年2月1日~2012年1月31日。年末の契約更新選手に含まれていなかったし、FC東京からのオファーは報じられていたので、リリースが出るとしたらまず移籍の方なんだろうなあとは思っていたけれど、1年間のレンタルで決着。


上里はヤンツーさん時代から札幌に在籍する古株で、怪我で長期離脱したときもあったけど通算7シーズンの在籍。石崎監督になってからは09シーズンにキャプテンにも選ばれました。これで札幌は西嶋に続いて上里も移籍と、砂川の次に在籍の長い選手を手放す事となってしまいました。古株が2人とも去ってしまうというのが、チームの停滞感、今後の不安を表しているような気がしないでもない。

左足のキックはJ1でもかなりのレベルだろうと思うのだけど、判断が甘いときも少なくなかったり、失点に繋がるボールロストも多くてサポーターの支持は賛否両論といった感じ。僕は好きな選手ですけどね。

FC東京では札幌より競争が厳しいだろうけど、弱点を克服して成長してくれることを期待しているよ。いってらっしゃい!

■上里一将選手のコメント
『今季、期限付きでFC東京に移籍することになりました。移籍に関してとても悩みましたが新しい環境で自分を追い込み、チャレンジしたいと考えて移籍を決断致しました。札幌で学んだ経験をFC東京でも活かせるように頑張ります。今後とも宜しくお願いします』

【コメント】
『この度、FC東京に加入することになりました上里です。自分の持っている力や特長をFC東京でもしっかりと発揮して、チームのJ1昇格に貢献できるよう頑張ります。これからよろしくお願いします』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で