あ、優也移籍しちゃうのか……。

コンサドーレ札幌のGK佐藤優也のギラヴァンツ北九州への移籍が、両クラブから発表されました。優也は2006年6月にヴァンフォーレ甲府から札幌へ移籍。以降4年半、主にセカンドキーパーとしてでしたが、出場した試合では恵まれた身体能力を活かしたセービングの頼もしさと、かと思えば不安定な部分を見せてヒヤヒヤさせてくれたりもしました。


今年は高原が絶対的な守護神として君臨していたので、出場したのはその高原が怪我して以降の3試合に限られていました。ただその3試合を安定した守りできっちりゼロに抑え、存在感は見せてくれましたね。ああ、でも行ってしまうんだね優也。違約金は発生したのかな。

移籍先は今シーズンJFLから昇格し、J2の厳しさを味わい最下位に沈んだギラヴァンツ北九州。失点も65とJ2ワーストのクラブです。来シーズンはキングカズの兄、ヤスこと三浦泰年氏が監督に就任する事が決まっており、およそ90人が参加した入団テストを行うなど戦力の向上に必死。

優也本人も新たな挑戦と発言しているように、新天地でも当然正GKのポジション争いが待っています。最後尾でゴールを守るキーパーはただ1人。出場機会に飢える優也が向こうで失点減に貢献出来ますように。札幌での試合の時は、北九州の正GKとして凱旋してほしいね。

■佐藤優也選手のコメント:
『コンサドーレ札幌サポーターの皆さん、関係者の皆さん、4年半の間本当にお世話になりました。なかなかチームに貢献できない 中でも常に温かい声援をいただき本当に感謝しています。皆さんと共に笑い、共に泣き色々な思い出がありますが全てが僕の宝物です。新たな挑戦となりますが札幌での経験を活かしてがんばっていきたいと思います。本当に、今まで温かいご声援をありがとうございました』

■本人コメント
「来シーズンより、ギラヴァンツ北九州の一員としてプレーすることになりました。ギラヴァンツ北九州の勝利に貢献できるよう戦います。宜しくお願いします」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で