昨年、大伍が期限付き移籍したJ1アルビレックス新潟が、今年も札幌の選手を物色しています。当初はレンタル中の大伍と契約延長のため交渉をしていましたが、その大伍が鹿島に移籍しそうだということで、その後釜として征也を、永田の浦和移籍で手薄になったCBの補強として石川の獲得へ動いているみたいですね。大伍と征也は同期なので、今年の大伍の活躍を見た上で、どう動くだろうか。


道新によると石川は今年で柏との契約が満了になるということで、完全移籍を狙うのは札幌だけではありませんでした。征也は残留宣言出ていたと思うけど、もし移籍する事になれば大伍と同じようになるのではと思います。石川は今年キャプテンだし数少ないCBだし、征也は生え抜きだし抜けられると痛いけれど、どういう風に決着しますかね。

他クラブに選手を評価、オファーを出してもらえるというのは、コンスタントに選手の移籍金を見込んでいる札幌の運営手法だとありがたい話。だけど、札幌としても盤石ではないポジションを複数人、そしてユース育ちを2年連続でっていうのはあまりいい気はしないですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で