コンサドーレ札幌から11日、石崎監督の契約更新が発表されました。

札幌は2011年も石崎監督と共に戦う事になります。石崎体制2年目となった今季は、開幕から結果も内容も伴わずに低迷。さらには怪我人も多数出たこともあって、昇格どころか中位まですら浮上できないまま、クラブワーストの13位でシーズンを終えました。


監督にとっても2年目でここまでボロボロになるのは初めてということで、この状況で更新を打診されてもかなり受けにくかったんじゃないかと思いますね。最終戦で4得点決めたとはいえ、今年のチームで評価出来る部分は殆ど無いわけだし。

3シーズンの在任となると、コンサドーレ札幌では岡田さんやヤンツーさんと並ぶ歴代最長。来年は資金的にさらに苦しくなりますが、既に監督の意向に沿って外国人選手や日本人選手も調査中。苦しい中でも内容・結果を求められます。

苦しいチーム事情の中で契約して貰えることには感謝ですが、どうもこの2年、監督の良い所を殆ど見られていないなあと思うんですよ。試合内容だってよくないし、当然結果もついてこなかった。試合後のコメントも型にはまったようにいつも一緒。今年は観客数も減り続けました。若手発掘の目を持っていたりモチベーターではあるんだろうけどね。

来年こそは上位争いに絡める、これぞ石崎の率いるチームだぞと言えるような、フィジカルもメンタルもタフに戦えるチームを作り上げてもらいたいものですよ。コメントももうちょっとどうにかしてもらいたいかな。まあ勝てれば別にいいんですけどね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で