徳島ヴォルティス戦で前半に負傷退場した札幌のGK高原。接触もない、なんでもない所で倒れ込んで×を出し、足を曲げたままタンカで運ばれていきましたが、やはりかなりの重傷。右アキレス腱断裂で全治6ヶ月と診断されました。


今シーズンは開幕からリーグ戦全試合に出場し、数え切れないほどのビッグセーブでピンチを救ってくれた高原。彼の活躍がなかったら、さらに失点を重ねて今頃はもっと下の順位にいただろうし。ようやく絶対的な守護神の座を掴んだシーズンの最後に、こんな試練が待っているだなんて。

6ヶ月は決して短くないし、復帰できてもあの鋭い反射神経が戻って来るのかもわからない。でも今はただ1日でも早い回復を願うばかり。戻ってきてくれると信じているよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で