いったい何人が怪我で居なくなってしまうのか。怪我の連鎖がここに来ても止まりません。15日の練習から離脱していたというMF宮澤が左足脛骨疲労骨折と診断され、手術を行い全治2ヶ月。最終節を待たずに今シーズンを終えることとなってしまいました。


最近控えに回っていたのはこの負傷も原因の一つだったんだろうね。千葉戦で今季2点目を決めて、これまで見せる事の少なかった体を投げ出すようなヘディングだっただけに、これがきっかけになるかなという思いで見ていたんだけど。これは本人が一番悔しいだろう。しっかり治して、来年は10番に相応しい活躍をもっと見せてくれますように。

それにしても9日には骨折が分かっていたのに、遠征に帯同させてその上出場させるなんて。スタッフの判断の甘さに今季怪我人が絶えない理由の一端を垣間見たような気がする。

これでまた1人、ベンチ入りメンバーが減ってしまいました。次節はDF石川も累積警告で出場停止なので、かなり厳しい。ただ攻撃的な選手はまだ純貴と上原がいます。彼らに今季初得点を期待。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で