コンサドーレ札幌公式サイトからの発表ではありませんが、DF吉弘も今季限りで札幌を去ることを、自身のブログで発表しています(久々の更新で急にすみません!))。

吉弘は札幌がJ1に復帰した2008年に広島から加入し、3シーズンでリーグ戦通算64試合に出場(2010年第34節終了時点)。今年は怪我で出遅れたものの、本格復帰してからは主力CBとして出場してきました。主力DFが去るのは藤山に続いて2人目、DFはこれで4人(吉弘、藤山、箕輪、ソンファン)がチームを去る事となり、来季の陣容が心配です。


残るCBは、柏からレンタル移籍中の石川と、怪我ばかりの堀田、そして来季新加入の櫛引くんの3人のみ。石川の去就も不透明だし、藤山や吉弘の退団も経済的なことが理由とされていますが、彼らの離脱で不足する部分を補おうとすれば、当然お金が動きます。選手の入れ替えではなく、補強となるような選手獲得を厳しい中でもしっかりと行えるのかどうか。

人件費は09年度は6.1億、10年度は4.5億円(予)となっています。来年はここからさらに減って3億円台だとか。残る選手達に対してもこの成績だし厳しい更改になるものと思うけど、きちんとした査定体制を整えてなんとか危機を乗り越えたいものです。これから本当に厳しくなるからね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で