ソンファンが去り、ジンスも去って、残る外国人枠はキリノ1人になってしまった今年のコンサドーレ。アジア枠が出来た事から移籍が活発化し、活躍も少なくない韓国人選手達ですが、札幌を見ると成功とは言えない結果となってしまいました。


今回は成果を上げることは出来ませんでしたが、制度としてある以上、クラブとしては今後も活用していきたいようです。まあアジア=韓国って話じゃないんだろうけどね。

ただし複数の言語圏で外国人選手を構成すると、文化も違うしコミュニケーションの問題も出てくる。出来る事なら外国籍選手の国や地域は統一しておきたいよなあ、というのが思うところだったりします。

J2にいる以上、余程の事が無い限り図抜けた能力を持つアジア圏の選手は来ないと思うので、無理にアジア枠を使わなくても、純平のようにJ1で出場機会を求めている選手に目をつけた方が良いのでは無いかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で