19日のサガン鳥栖戦(勝ち点33/10位)に向けた練習を続けるコンサドーレ札幌(勝ち点30/12位)。目指すサッカーはスペインのFCバルセロナだという石崎監督指揮する札幌に、スペイン4部で2シーズンプレーしたFW内田将志選手と室蘭大谷のDF櫛引一紀くんが現在練習参加中だとか。ははーん、さては一向に進まないバルサ化にしびれを切らしてて選手の方からスペイン経験者を取り込んでいく作戦ですね。


FW内田選手は08年からスペインやウルグアイリーグのクラブに所属していたそうだけど、今季は無所属。帰国後、8月末からJ1の大宮、川崎、J2の鳥栖、岐阜の練習に参加したんだとか。スピードのあるドリブルや豪快なシュートが売りのようだけど、鳥栖や岐阜といったJ2他クラブのテストをパス出来なかったみたいなので(チームカラーや資金の問題もあるだろうけど)、過度な期待は禁物かな。

内田選手や櫛引くん以外にも何人か練習参加している話が出ていますね。来シーズンに向けた動きが活発になってきているのかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で