これまで唯一獲得の可能性があった片山の移籍が流れ、征也の入籍、曽田さんの初エッセイ出版、選手ブログは食べ物のことばかり等、最近はサッカー外の話が続いている札幌。


そんな中、各紙に苦手克服に取り組んでいるキリノの真面目さが取り上げられていました。スペースにボールが出てくればぶっちぎれるのだけど、ただ速いだけでは対応されてしまう。そして1トップを任されながらポストプレーはいまひとつなキリノ。しかしその苦手な動きを要求され続けています。

相手DFとの駆け引きもレベルアップすべく、仙台のフェルナンジーニョに相談し、動き出しの上手い選手(大黒、柳沢)を聞いたりしたんだとか。髪型は相変わらずおかしい感じだけどサッカーに取り組む姿勢は超真面目。何年も苦手部分をそのままでいる選手も多いというのに。

リーグ戦再開まであと10日ほど。居残りで沖田コーチと共に取り組んでいるという練習で、少しでも克服(せめてJ2相手には通用する程度に)したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で