昨シーズン限りで現役生活を終え、現在はコンサドーレ札幌のアドバイザリースタッフを務める曽田雄志さんの初エッセイが15日に発売されます。「生きているから生きてゆける」という曽田らしい(?)タイトルで、中身も彼らしいものに仕上がっているんだとか。装丁もなんだか不思議な感じだ。

26日には札幌駅西口近くの紀伊国屋書店札幌本店(札幌市中央区北5西5)で出版イベントもあるんだね。何を話すんだろう。内容紹介には「サポーターへの愛」「これからのこと」「人としての考え方、在り方」など今の素直な思いを語っています。とあります。

すぐに買うかどうかは分からないけど興味はあるのでウィッシュリスト入りしておきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で