1週間のオフを経て、21日からコンサドーレ札幌も練習が再開されました。後半戦に向けてやらなきゃいけないことはたくさんある。怪我人が多く手薄になっているポジションをどうやりくりするのかっていうのもその1つで、練習再開初日から横浜FCの片山選手が両チーム合意のもと、札幌の練習に参加中。参加期間は6月21日から6月30日まで。

片山選手は昨年名古屋から横浜FCに移籍し、46試合に出場した左サイドバック。本職はDFですが攻撃的なポジションでもプレーできるそうで、名古屋時代には2得点を記録しています。今シーズンの横浜FCは前鳥栖監督だった岸野監督が就任し、さらには大量補強の影響もあってか出場機会が減少中。

シーズン中に、同一カテゴリの選手がライバルクラブの練習にただ参加するだけっていうのも考えにくいので、獲得を前提とした能力見極めのための練習参加だろうか。SBは特にペラッペラに薄くなっているポジションなだけに合いそうであれば加入に繋がるといいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で