第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会の組み合わせがJFAから発表になりましたね(組み合わせ表(pdf))。今年もJクラブは2回戦からの登場です。コンサドーレ札幌は北海道代表と岩手代表の勝者と、9月5日に厚別で対戦します。厚別で北海道対決が出来るよう、道代表になるチームに頑張ってもらいたいところ。道代表は8月の知事杯で決まるんだっけ。


今回は札幌に限らず他のクラブも、ホームタウンを置く都府県代表と対戦する可能性が高い組み合わせになっていますね。ダービーが増えて盛り上がるといいなあ。噛ませになってたまるかと他県代表の奮起もあるだろう。

札幌は勝ち抜くと、名古屋、新潟等と当たる可能性があります。道代表とだけではなく、元所属選手(まあレンタルなので本籍は札幌だけど)の所属しているクラブと戦える可能性があるのは楽しみ。

一発勝負のトーナメントは波乱も起きやすくリーグ戦と違った面白さがあるし、札幌は06年の躍進があっただけに何かあるんじゃないかと期待してしまう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で