練習試合ではトップ下で起用され、そろそろリーグ戦出場がありそうな岡本ヤスと、攻撃力ではずば抜けていながら守備で課題を抱えベンチスタートが増えている内村。監督は今シーズン、攻撃的な選手にもさらなる守備力を要求。去年以上に前からの守備と運動量を重視しているのかなと感じます。その割りに今年は運動量少なく見えますけどね。


FWの純貴やキリノをサイドで試すなど、攻守に献身的に走れる選手を配置したい狙いが見える石崎監督。ヤスや内村は去年のチームなら間違いなくスタメンで出てくるだろう選手ですが、今年はそう容易くは無さそうですね。ヤスは監督に「(岡本)ヤス? いい動きだね。控え組にいるときはサボっとるけど」なんて言われていたり、茶化されつつ期待されているのが見えます。

サポーターに最も期待されている選手の1人だろうヤスの復帰は僕も楽しみに待ってます。去年以上にキレキレな動きを見せてほしいもの。内村も守備に課題を残していますが攻撃面ではスタメンで問題ない選手。サイド起用の際の守備が克服されれば、またスタメンというのも増えてくるでしょうね。

彼らと同じように他の選手も一長一短あるわけで、結果を出せていない選手を延々スタメンで使い続けるのは勘弁してほしいところだよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で