グアムキャンプで左足長腓骨筋断裂の重傷を負い、全治3ヶ月と診断されていたDF吉弘。15日の練習で、2ヶ月ぶりに全体練習に合流したようです。早かったですね。久しぶりの全体練習でまだ思うような動きが出来ないそうですが、予想より早い合流はCBが不足している札幌にとっては朗報です。主力の予期せぬ負傷でDFラインが流動的でしたが、吉弘の復帰で少し余裕がでてきそうです。


今シーズン6試合を消化して、まだチームを安定させる選手起用が見つからずにいます。布陣も4-4-2から4-2-3-1に戻すなどしています。吉弘のコンディションが上がりCBの一角として出場出来るまでになれば、ユーティリティー性の高い藤山の起用の幅も広がるし、最近不安定な西嶋を少し休ませることも出来るようになります。

そういえばソンファンも復帰したと思うんだけど、その後どうなったんだろう?

守備が落ち着けば攻撃でもいいリズムが生まれてくるはず。彼らの試合復帰はまだ先になるだろうけど、怪我人も戻ってきて競争が活性化するだろうし、チームの状態も上向きになっていきそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で