以前、ホーム開催時に道内各地とコラボ出来ないだろうか?という案が出ていましたが(札幌、道内各地とコラボを検討)、その後は音沙汰無いままシーズンイン。実行出来る目処が立ったのか本格的に動き始めるようですね。札幌はその立地もあって、地方サポを多数呼び込むには厳しい場所にあります(日曜開催も多いし)。なので、まずは身内である道内から、新規のファン層を開拓していく狙いのようです。

 全支庁で札幌をPR−。北海道フットボールクラブ(HFC)は、これまで札幌周辺で重点的に行ってきたPR活動を、全道エリアに拡大させる。道内14支庁に各担当者を割り当て、直接出向いて観戦をアピール。割引プランや、試合会場を物産展などの町おこしの場として提供するなど、道産チームであることをあらためて訴えかけていく (【道スポ】HFC全道へPR作戦 全支庁へ直接売り込み)。

今までだと、コンサドーレ”札幌”なので「札幌のチームでしょ?」なんて門前払い食らっていたそうですが(そういう所に拘る人ほど巨人ファンだったり阪神ファンしたものですが、あの辺の野球チームはは全国的に人気だから例外なのだろうか)、”北海道”のプロサッカークラブとして人気を広域化していきたいHFCは、全道の支庁や地元企業へ営業を活発化していくようです。

来てもらっても負け試合見せ続けていたら当然のように離れていってしまいますし、同じ道内と言っても札幌圏外から来るとなると結構な時間がかかります。試合90分だけ見せてはいおしまいというのではあまりにも寂しい。営業をかけるだけではなく、楽しいスタジアム作り、ホームの名物作りにも注力していって欲しいなと思います。しま福であったり、去年だと選手フィギュアだとか。まあ強くなることが一番にも思いますが、勝ってるだけでは観客は増えないというのは既に経験済み。+αが無いと、固定層以外に訴求するのは難しいのでしょう。なので物産展の件は是非実現てもらいたいですね。道の駅と連携したりして。

J2ながら、1年以上勝ちが無かったのにもかかわらず、観客数はこれまで1万人以上を何とか保ち続けて居ます。厚別になればもう少し減ってしまいますが、それでも7,000〜1万人程度は固定層として計算出来る人数。彼らによって支えられてはいますが、しかしながらクラブの目論見として、そこでは満足出来る集客数では無いわけですから、じゃあそこから増やすには?一見さんに足を運び続けて貰うには?考え続けて、実行し続けて、地域に根ざすクラブ作りを少しずつでも着実に進めていこう。クラブ創設から15年近く経って、ようやくミーハー気質が抜けてきたというか、お尻に火が点いたようなHFC。本格的に地域密着を目指し始めたように見えます。

そういえば、厚別公園は場所こそありますが、あのスペースで屋台やら物販なんかは出来るんだろうか?札幌市に許可貰えばいけるのかな。サクッと許可下りるといいですね。付近は住宅地なので、住民の方も気軽に集まれるようなイベントが行われていけばいいのだけど。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で