熊本戦へ向けて練習を続けるコンサドーレ札幌。宮の沢のピッチもコンディションが良くなってきてくれているようでなにより。熊本は岡本のふるさとでもあります。開幕戦でスタメンだったのに次の試合からはベンチと、監督の期待を裏切ってしまったヤス。練習からアピールして再び出場機会を得られるだろうか?

練習試合も含めて、開幕戦までは不動の左サイドハーフとして起用されていた岡本ですが、2試合目以降はベンチを温める日々。連係、判断力という課題は本人も自覚しているようなので、少しでも改善して監督にアピールし、出場機会をつかみ取ってもらいたいですね。岡本が成長することで、砂川の負担も減りますし、交代のオプションも増え、チームの攻撃力も上がりますから。技術も高く、アイデアもある選手なので何とか壁を乗り越えて欲しいところ。

他には岩沼も(珍しく)記事になっています。
ボランチと左SBでプレーするパスの上手いレフティーですが、プロ入りからこれまで試合出場はありません。若手主体となった今年こそサテライト組返上し、スタメンを勝ち取りたい。左SBは今は西嶋と大伍しか居ませんから、トップでやれる目処が立てば十分に機会はあると思います。

キリノの負傷で1トップを任されている宮澤も、そろそろゴールが欲しいところです。やはり前の選手、FWが決めるとチームも勢い付いて来ますから。今のところFWの得点は、鳥栖戦でCKから決めたキリノの1点のみ。得点力不足を解消するためにも、宮澤や謙伍辺りはそろそろ内容だけではなく、どんな形であれ結果も欲しいです。

MFチョン・ヨンデ選手が横浜FCへ完全移籍

去年まで1年半ほど札幌に在籍したチョン・ヨンデが、その前まで在籍していた横浜FCへ移籍することがコンサドーレ札幌公式サイト(鄭 容臺 選手 横浜FCに完全移籍)と、ヨンデ本人の公式ブログ(感謝!)で発表になりました。ボランチとSBをこなせる選手で、気持ちの入ったプレーは見ていて気持ちのよいものでした。朝鮮選手としてはラフプレーの少ない印象。あくまでも個人的な印象として。決まって良かった良かった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で