ここまで1勝3敗と、連勝しているクラブもある中で、昇格を目指すクラブとしてはやや出遅れてしまった感のあるコンサドーレ札幌。前節はキリノ、上里が前半早々に負傷退場するというアクシデントもありましたが、急遽代わって入った宮澤、砂川のパフォーマンスは良いものでした。石崎監督の目指すスタイルは、一進一退を続けながらも徐々に浸透しているように見えます。

4試合で3得点5失点。今年の札幌は攻撃の回数が多い割に、それほど得点に結びついていません。これまで武器としていた空中戦、コーナーキックの回数もここまで全試合で10本以上放ち、相手を上回っているものの、鳥栖戦で上げたキリノの1点のみと、例年のようには強みになっていない状態。

これは、ダヴィや池内が抜けたというのと、得点力のあるDF柴田(ベンチ外)、曽田(リハビリ中)、箕輪(リハビリ中)が出ていないのが影響しているのでしょう。クライトンのCKもふんわり一辺倒なので、高さで優位性を保てない今の状態では厳しい。ターゲットはほぼ西嶋のみなので、守備ではかなり貢献してくれているソンファンも、”札幌のDF”として、そろそろ得点力が求められてきそうな予感です。

流れの中からはどうかというと、鳥栖戦で上げた砂川の1点のみ。あれは狙ってもう一度やるのはかなり難しいでしょうが、綺麗な形でした。奪うまでは連動してグッと早いプレスを仕掛けられるようになっているのですが、奪ってからのアイデアが乏しく、その結果、相手ゴールまでのボール運びが遅くなってしまっているというのが今の課題。

相手の守備が揃ってしまうまで時間をかけてしまう場面が多いので、フィニッシュの精度が低くなってしまい、得点になりません。スピードのある選手が多いのだから、もっとシンプルに攻める時があっても良いのではないかなと思ったりもします。クライトンというボールキープに長けた選手が居るのだから、彼にボールを預けたなら、両サイドはもっと彼を信頼して走ろう。クライトンがサイドに流れたら、中央のスペースを使おう。多少強引に仕掛ける姿勢をもっと見たいという気持ちもあります。

第5節は今年J2に参入してきたファジアーノ岡山が相手。
ここまで甲府仙台湘南鳥栖と、札幌の4戦と同じ相手と対戦し、3分1敗。勝利こそないものの、4試合で湘南戦の2失点のみと、数字だけ見ると守備が堅い印象です。得点もその湘南戦の1点のみですけれども。試合映像を見ていないのでなんともいえないところですが、得点力不足に悩む札幌にとってはなかなか厳しい相手となるでしょう。ここでしっかりと流れから&セットプレーで得点出来れば、こちらとしては次への自信にしていけそうです。

前節の試合後コメントで砂川が話していたように、「内容的には良かった、というのはもういい。やはり、勝点を取らなければならない」という、強い気持ちを持って(けど味方同士の激突には注意して)、勝ち点3を奪取し、デミグラスソースカツ丼を食らいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で