甲府戦を終え、札幌へ戻ってきた選手達。若いチームが故か、どうも1試合を通してパフォーマンスが安定しません。ホーム2試合目となる次節の湘南ベルマーレ戦では、今年のスローガンでもある「戦(たたかう)」姿勢を90分見せて試合を展開したいところ。

「相手も必死で守ってる。そこをこじ開けるくらいの気持ちがないと点は入らない」
と、石崎監督。

残念ながらファールになってしまいましたが、甲府戦の後半に謙伍がPA内で見せた突破は、戦う気持ちが垣間見えました。

起用される選手も入れ替わっていますし、まだまだ戦術の浸透や連係を高めるには時間がかかりそうですが、そろそろ「昨年の札幌は戦っていないように見えた」と監督に言われてしまうネガティブな部分は卒業していきましょう。

ここまで低調なパフォーマンスに終始している何人かの若手選手たちも、主力選手として引っ張って行くぞという気持ちを、口だけではなくプレーで見せて欲しいなと思います。

湘南は厳しい相手ですが、相手よりもまずは自分たちのスタイルをしっかりと確認して、前半から実践する事が大切です。そして、ホームで是非とも勝利を。

気持ちの入ったプレーが出来る選手と言うことで、調子次第ではそろそろここまでベンチ外だった選手が登場するかもしれませんね。元気だとか横野とか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で