熊本キャンプも残り数日となり、長かった遠征も終わりに近づいて来たコンサドーレ札幌。
今年からフィジカルコーチ職が復活し、石栗コーチの元で一次キャンプからフィジカル強化に努めていますが、選手達の肉体改造も日に日に進んでいるようです。

07-08シーズンの三浦監督時代には監督の意向もあってフィジカルコーチ職を置かず、その結果、怪我が怪我を呼ぶ悪循環に悩まされる事となってしまいました。その反省を踏まえて今年からフィジカルコーチが復活。石崎監督の目指すアグレッシブなサッカーを体現すべく、選手達はグアムでの一次キャンプからフィジカル強化に努めてきたのでした。

フィジカル強化と言えば、今や征也と共に札幌の顔となりつつある大伍、西大伍。当たり負けしない身体を手に入れた昨年は、J1の選手達と互角に渡り合いました。一番の長身FW元気を差し置いて、前線のターゲットマンになることも。

試合では攻守両面でフィジカルコンタクトは避けて通れませんし、クライトンのように当たりに来た相手を逆に吹っ飛ばすほどの体幹の強さとまではいかずとも、せめてボールコントロールを損なわない程度のボディバランスがあれば、落ち着いて確実なプレーが増やせます。

去年なんかだと、後半ガクっと運動量が落ちてしまい、相手に良いようにやられてしまうパターンが目立ちましたが、その辺りの弱点も、キャンプでは午前午後とハードなトレーニングをこなしている辺り、幾らかは改善されていそうです。

怪我後の調整というのも改善されてきそうです。現時点でも何人か別メニューで調整している選手が居ますが、あくまでも開幕、そしてシーズンを見通して調整しているようですし、無理に復帰してまた即離脱なんてことは今年は少なくなるといいなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で