開幕が近づいてきたコンサドーレ札幌の練習は、これまで強化から調整段階に移り、キャンプの総仕上げに入ってきました。

怪我で早退したMFクライトンでしたが、早くも全体練習に合流。昨シーズンもこんな感じで練習で無理しすぎることなく、試合で獅子奮迅の活躍を見せてくれていましたから、余程の怪我でない限りクライトンは心配なさそうです。

今シーズン鍵になるであろうサイド攻撃、そして、ボールを奪った後(奪われた後)すぐに攻撃(守備)にいける切り替えの早さ。この2つを重点的に練習しているようです。判断が相手より早ければ、能力の差を埋めてお釣りが来ますから、次の動きを予測したプレーを常に心がけていってもらいたいですね。足下でボールもらってから考えていては遅すぎますし、相手の餌食になってしまいます。

サイド攻撃に関しては、今やどこのチームでも基本。「サイドを制すものは〜」なんてスラムダンクのあればりの格言も。左SHがほぼ確定している岡本と左SBの西嶋。右SHの謙伍or砂川と右SBの征也。SHが相手をつり出す動きが出来ればSBが上がっていくスペースが出来ますし、サイド2枚が連動してスペースに動けるようになれば、中央のクライトンや上里も良いボールを供給しやすくなります。

ぶれることなくチーム全体に攻守両面での「チャレンジ&カバー」を徹底させることが昇格への礎になるんだろうな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で