いよいよリーグ戦が開幕する2010Jリーグ。しかしセンターバックに怪我人が多く、開幕戦やそれ以降に向けても不安一杯なコンサドーレ札幌。キャプテンに就任した石川を中心として、しっかりと出来る限り修正していきたいところです。今年は俊PがDF登録に変更となり、左サイドバックの筆頭に。

札幌には、高原、石川、俊P、上里、古田と5人のレフティーが在籍中。僕自身左利きということもあって、レフティーの活躍に俄然注目してしまいます。勿論右利きの選手達も大好きだし、活躍すれば嬉しいに違いないんですけどね。


昨年後半から使われだした、甘い物が大好きな俊P。加入当初から彼のキック精度には定評があり、いつトップで見られるのかとワクワクしていたのでした。守備ではまだ課題を多く残していますが、攻撃面では運動量も豊富で期待通り精度の高いキックを連発。面白い存在になれそうです。

昨年1年間キャプテンを務め、フルシーズンを戦い抜いた上里。これまで怪我で満足に出場出来ない年が多かった事を考えると、大きな経験になったと思う。長丁場で疲労も重なり、好不調の波が大きかったけれど、今年はムラを減らしてコンスタントに活躍して欲しい。彼の左足はまだまだこんなもんじゃないだろう。

ルーキーながら昨年後半からスタメンに定着した古田くん。独特のリズムあるドリブルが武器で、今年は突破力に期待がかかる。シュート精度にやや難があるけれど、積極的に仕掛ける姿勢を維持し続けられれば、自ずと結果も付いてくるんじゃないかな。前線はスタメン争いがし烈だけど、彼のスタイルは貴重だし重要なピースだと考えられていそう。

ディフェンスでも高原と石川がレフティー。不安定な守備をしっかりと引き締めて欲しい。といっても彼らだけでは難しいだろうし、全体の意思統一が必要になるんだけど。

去年に続いてスタメンにレフティー率が高そうで、はまれば面白いリズムが生まれそう。そのためにはもっと相互理解を深めてチーム戦術を成熟させていかなくては。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で