コンサドーレ札幌は12日、熊本で二次キャンプを開始しました。ようやく合流したクライトンと、ユースから飛び級昇格を果たした古田君もここから参加。

練習試合も中2日(現時点では)でこなし、戦術理解を深めます。

グアムでは基礎体力の強化と守備戦術の理解に務めたコンサドーレ札幌。ようやく今季所属選手が全員集合し、熊本の地では戦術理解を深めるための練習が行われるようです。

グアムキャンプではお休みしていた報知も、何事もなかったように更新再開。

チームは早速、明日14日に清水エスパルスとの練習試合が組まれており、早ければこの試合でフルメンバーに近い布陣が見られそうです。クライトンはまだコンディションは万全というところまできていないようですが、「準備は出来ている」と出場には前向き。

石崎監督になりグアムキャンプを経て、明るくなったチームの雰囲気にクライトンも満足げ。昨シーズンは、攻撃時に中盤でのフォローも少なく、まさに孤軍奮闘といった感じで試合中悲しげな顔も見せていましたが、今年はそういう場面が減るといいな。

頼れる人が居ると、べったり頼りがちになってしまう悪い癖を、今年は減らしていかねばなりませんね。上里が居たり、征也が右SBになったことで後ろから起点になれるので、上手くはまると面白いんじゃないかなあと楽しみではあります。

古田君も年少だからと臆することなく、どんどんアピールして存在感を高めていってもらえれば。先輩たちにもいい刺激になるでしょうしね。

後はキャプテン選挙ですね。誰がなるんだろう?大伍か西嶋か、後ろから声出すように優也とか柴田も良いかもしれません。ベテランでもいいような感じもありますが、若手になるんだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で