つかの間のオフを終え、本日12日から熊本キャンプがスタートするコンサドーレ札幌。11日には「コンサドーレ札幌 サポーターズ集会2009」が、札幌コンベンションセンターで開催されたようです。

集会にはHFCから矢萩社長ら経営陣4名が参加。集まった180人のサポーターに対して、経営状況報告と新体制のチーム構想を説明、質疑応答が行わたそうです。

経営陣から提示された新企画に対してサポ代表の方は手応えを感じている様子。今年の動員目標”30万人”(30万人越えは過去1度だけ)実現に向けて「計画だけで終わらせず、実現させていく」と矢萩社長は力強い言葉。

道スポによると、
・会場になかった「総合案内所」を新設
・会場の入り口前で飲食物を事前販売
・その他、スタジアム環境の整備を徹底
サッカーの試合だけで終わらせず、スタジアム全体として満足度を上げていくような、以前に出ていた道内の他地域との連携もここに加わって来るんでしょうかね。厚別にしても札幌ドームにしてもやれる場所はありますから、試合外の部分でも楽しめるようになっていくのは嬉しいですね。厚別はお店から少し離れているので、会場で買えると入場待ちにはありがたいなと思います。長い時間開店していてくれるといいかな。

個人的に、厚別開催の場合だと近隣在住の方の理解も必要かと思いますが、スタジアム周りの雰囲気作りがもっと出来たらいいかなーとも思います。ドームだとドーム内で完結してしまっているし、厚別だと公園内というか競技場内で完結してしまっているのがどうしてもあるので。外側部分も試合日くらいは赤黒に。

うちの犬に赤黒シャツでも着せようか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で