今年初の練習試合となった大宮戦で、1−0と勝利したコンサドーレ札幌。スポーツ紙WEBサイトにも記事が上がっています。石崎監督が目指す「チャレンジ&カバー」の意識が、選手に浸透してきているようです。

このグアムキャンプでは、フィジカル強化と守備練習に時間を割いているコンサドーレ。大宮との練習試合で早くもその成果が現れた形となりました。フォーメーションは今年もあの読み方で良いみたい。

三浦前監督のゾーン戦術は約束事が多く、怪我人が多く出てしまった昨年のような状況だと、ディフェンスラインの連係を高められないまま試合に臨むといった事も多くありました。

石崎監督が目指す守備は、前線からの積極的なプレッシング(チャレンジ)と、カバーリング力&意識の強化(カバー)。

MF上里は「良い守備ができたから、良い攻撃につながった」
DF柴田は「チャレンジ&カバーを意識してきた成果が出た。昨年のゾーン(ディフェンス)に比べて分かりやすい。完封できて良かった」と、まだ1試合ですが手応えを掴んでいる様子。まあ、あれだけ面白い具合に崩壊した去年から見るとね……。

攻撃面でも仕掛ける意識は高まっているようで、得点も右SBに入っている征也の攻撃参加から。後ろからの攻撃参加になるので前を向いてボールを受けることが出来ますし、攻撃時の選択肢が広がるのでどうやらこのままコンバートされそうな感じ。右SHに入る選手は流動的でしょうが、一本調子だったこれまでのサイド攻撃に良い変化が見られそうですね。

新外国人FWキリノも、昨年まで在籍していたFWダヴィ同様に献身的に動ける選手のようです。前線からの積極的な守備で勝利に貢献。得点はなりませんでしたが、身体能力の高さは既に評価されているので、選手と合ってくるとまた変わってくるでしょう。

守備練習を続けてきて、その守備で結果を出せた自信が付く試合となりました。これにまだクライトン、ダニルソン、趙や曽田、箕輪が加わるんだからなぁ。楽しみだー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で