古巣のアトレチコ・パラナエンセに復帰か?なんて話が持ち上がっていた、今年のコンサドーレ札幌の10番を背負うMFクライトンですが、二次キャンプの地である熊本からチームに合流することが決定しました(2/12から)。よかったー

父親の看病を理由に合流が遅れており、その間に古巣に復帰か?なんて話が持ち上がっていましたが、熊本で行われる第二次キャンプ初日からチームに合流することが公式で発表になりました。

まずは一安心ですが、クライトンパパの容態次第ではまた離脱なんてことにならないか心配でもあります。合流が遅れた事によるチーム戦術理解の遅れやなんかの不安もありますが、グアムではフィジカル練習が中心なので問題ないでしょうか。今回の問題もありましたが、クライトン自身はとてもプロ意識が高い選手なのでブラジルでしっかり身体作りをしてくれているでしょう。離脱に関してはなんとも難しいですが。合流したらしっかりと攻撃の核として、外国人選手のボスとして活躍してくれることでしょう。ピースが揃った!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で